身土不二

こんにちは。
静岡県浜松のフードスタイリスト/ゆるマクロビ料理研究家hitomi.です。
今回はマクロビオティックの基本part2と題しまして、、、
マクロビオティックの2つめの法則

「身土不二」

『身土不二』について簡単にお話していきたいと思います。
    地球と私たちは一体である
私達の身体と生きる(住む)土地は分けることができない一体である
という原則です。
も、野菜も、も、海藻も、生きている環境の一部を栄養として育ちます。
それは、その食べ物を食べる私達も同じことです。
原則として、自分が生きている土地に実ったものを食べること
環境と身体の調和を図ると考えます。
例えば、
熱帯原産のものは、熱帯の環境に合うように体を冷やしますし、
寒帯で食べられてきたものは、熱をこもらせる作用があります。
冬に夏野菜のトマト🍅を食べたり、
世界中から取り寄せた食材を常食にすることは、基本的にはしません。
にはのものの
にはのものの性質があります。
ふだんの食事では、
できるだけ国産旬のものを食べ、
輸入品気候に合わないものは、嗜好品など食の一部としましょうということです。
旬の野菜季節の素材をまるごと味わいましょう!
本文引用参考文献
   ◆マクロビオティックはじめました
  奥津典子 (アスペクト)
 ◆マクロビオティックの楽しいテーブル
  今井洋子 (河出書房新社)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA